GARAGE

B02V9229_DxO.jpg

ほとんどの一般車両が入り、すべて車のドアを開けた状態でも余裕の施工スペースです。

施工車輛1台オンリーにしていますので余計なゴミや埃を持ち込みません。

シャッターとガラス引き戸の閉める方法を採用し作業によって使い分けます。

空調設備もあり室内温度、室内湿度のコントロール可能です。

コーティング施工時と硬化時は温度、湿度が当店ではまったく違います。

それはコート剤の性能を初期から100%出し切る為です。

B02V9227_DxO.jpg

カーコーティング、磨き専用マットブラックブース

全面をマットブラックとして乱反射を防ぎ特殊照明で的確に塗装面を確認出来ます。

施工中はマットブラックの遮光ロールスクリーンで窓ガラスからの光をシャットアウトします。

特殊照明は車輛サイズや形状によって移動可能の為、固定式照明に比べ色々な状況に対応可能です。

天井のヘキサゴンライトは塗装の肌を見るのに最適で目的に応じてライトの種類を変更します。

B02V7792_DxO.jpg

サイドパネルを見る為に特殊照明で照らしています。

驚くほどキズが浮かび上がります。

外光や外では見えないキズが良く見える状態となります。

このような状態を目視しながら研磨作業を行います。

見えない環境では研磨によりキズを増やしたり、機械で撫ぜているだけの状態となります。

B02V7203_DxO.jpg

コーティングインストール後は焼き付けを行います。

初期硬化不良を防ぎ天候や季節に左右されない常にベストな状態に仕上がります。

焼き付け後は温度、湿度を硬化にベストな状態で維持、24時間管理します。

密閉が出来る環境だからこそ出来る作業内容です。

IMG_20220525_172642.jpg
B02V8089_DxO.jpg

ホイール脱着、スポイラー下部などの作業の場合リフトアップしての作業を行います。

車種や作業により最適なリフトアップのやり方をチョイスして行います。

​ホイール脱着後はトルクレンチにて車輌の規定締め付けトルクに設定後、確実にボルト、ナット締め付けを行います。

スケールなどの原因になる水道水

当店は洗車、コーティング、メンテナンスなどすべての施工や作業に純水を使用しています。